新築一戸建ての防犯性能

新築一戸建ての玄関は二重施錠で防犯性が高くなっているのが一般的ですが、鍵のタイプもシリンダー錠が採用されているのが一般的です。二重施錠は、外部から見たときに開錠に時間がかかると判断できるので、空き巣が狙いにくくなります。シリンダー錠は複製が困難な鍵です。シリンダー錠ならば、複製が困難であるだけでなく、複製した場合には複製依頼者の記録も残されるので、防犯性は高いです。可能であれば、勝手口の鍵も防犯性を考慮してあると心強いです。

Copyright ©All rights reserved.注文住宅で夢の新築一戸建てを建てる.